指揮者・講師紹介


裏音楽監督 ・常任指揮者:西谷国登(ニシタニ・クニト)

ニューヨーク大学院芸術学部音楽演奏学科修士課程修了(M.M.特別奨学金含む)

ポートランド州立大学芸術学部音楽演奏学科卒業(B.M.4年連続奨学金授与)
第25回日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞受賞。Kunito Violin Method 国登ヴァイオリン教本著者。

指揮法を、紙谷一衛氏(斉藤秀雄指揮法)、キース・クラーク氏に師事。
これまでに、ポートランド州立大学交響楽団副指揮者、ルイス&クラーク大学交響楽団客演指揮者、杉並バロックアンサンブル正指揮者等を務める。
2010年、ユージーン・ユース・オーケストラの音楽監督選考オーディションにて、ファイナリスト。第2回井上道義指揮講習会オーディションに合格し、井上道義氏に師事。
2011年より、関東中のインターナショナルスクールから選抜された高校生オーケストラ「Kanto Plain Honor Orchestra」に招待され2年連続客演指揮。
2012年より夏の音楽祭・コミカレ弦楽セミナーを開催・指揮。
2013年、石神井Int’lオーケストラ(SIO)&クニトInt’lユースオーケストラ(KIYO)を創立し、音楽監督に就任。
2016年、ルドルフ・ハケン氏と5弦ヴィオラの為の協奏曲アジア初演。2016年10月、練馬区主宰・みどりの風区民コンサートにてプロデューサーを務め好評を得る。同年、第9回ゲストとして、J:COM練馬人図鑑出演。

その他、2016年&2017年、日本の著名な指導者に贈られる、日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞を2年連続受賞。日米各地にて、講演活動やマスタークラス(公開レッスン)等も行っている。

現在、石神井Int’lオーケストラ音楽監督。クニトInt’lユースオーケストラ音楽監督。池袋コミュニティカレッジ講座講師。日本弦楽指導者協会会員(JASTA)。練馬区演奏家協会会員。日本クラシック音楽コンクール(東京地区・全国大会)審査員、オーケストラや吹奏楽団体の審査員。公共イベントや講座の監修・プロデューサーを務める。
これ迄に、5枚のCDアルバムを(株)エス・ツウよりリリース!mazon.co.jp, iTunes (Apple Music)にて発売中。

著書に、『ヴァイオリン留学愚痴日記@米国オレゴン州ポートランド』(文芸社)『国登ヴァイオリン教本 øp.1-4(全4巻)』(サーベル社)※amazon売れ筋ランキング弦楽器部門第1位/ベストセラー第1位獲得! などがある。

オフィシャルウェブサイト http://nkunito.com


-講師紹介–

客員(ゲスト)講師・Prof. Rudolf Haken (ルドルフ・ハケン)

Rudolf%20Haken%2001世界的ヴィオリスト&作曲家。5弦ヴィオラを弾きこなし、アメリカをはじめ、ドイツ、フランス、ウィーンイギリス、カナダ、韓国、日本等、世界各地でソリストとして活躍している。

米国ウエスト・ヴァージニア大学教授等を歴任し、現在イリノイ大学音楽科教授を務める傍ら、世界各地でマスタークラス(公開レッスン)を行うなど勢力的に活動。

2015年5月に、石神井Int’lオーケストラ&ユースオーケストラにて、マスタークラスを行う。

代表作として、「5弦ヴィオラによる協奏曲」(2016年石オケ共演)等がある。

詳しいプロフィール(英語)は、こちら

P1110558 のコピー当オーケストラ音楽監督との共演の様子

(第3回定期演奏会 ”R.ハケン作曲5弦ヴィオラの為の協奏曲を独奏)


 

毛利せんせいチェロ講師・毛利巨塵

東京芸術大学付属音楽高等学校、同大学器楽科、同大学院卒業
大学院において、フランスの名チェリスト故レーヌ・フラショ教授の薫陶を受ける(約2年半)

東京ハイドン合奏団、東京ヴィヴァルディ合奏団、東京ゾリステン、あるて室内管弦楽団、シュトルム合奏団、東京室内管弦楽団などの首席チェリストを歴任。現在釧路交響楽団音楽監督

国外では、ロンドン、エディンバラ、グラスゴー、ウイーン、アルコイ(スペイン)などの都市でリサイタルを開催し、絶賛を博している

1987年にピアニスト坂田麻里と結成した「デュオ・シャブラン」の東京での公演は27回に及ぶ
(このデュオによるスペイン音楽を収めたCD”パッション1”は音楽芸術誌上で絶賛されている)

バロック音楽から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、特に近年は自作品の演奏にも力を注いでいる

国内では毎年各地でデュオ、あるいはソロで沢山のコンサートを行っている。北海道の釧路博物館での無伴奏コンサートは30年30回を数える。

釧新(釧路新聞)郷土芸術特別賞受賞 石神井Int’lオーケストラ、クニトInt’lユースオーケストラ講師。

当オーケストラとの共演の様子P1100750

(第2回定期演奏会 ”クリスチャンバッハ作曲チェロ協奏曲を独奏)


 

ヴァイオリン講師・伊東佑樹

image14歳よりバイオリンを始める。国立音楽大学卒業。

これまでに宮澤健一、細谷勇旗、田中千香士、川畠正雄の各氏に師事。

日本アンサンブルコンクール最優秀賞、JILA 音楽コンクール室内楽部門第一位。

大阪国際音楽コンクール優秀賞同時に理事長賞を受賞。

2005年東京ニューシティ管弦楽団とソリストとして共演、好評を得る。

現在、東京ニューシティ管弦楽団に在籍 M&Mオーケストラコンサートマスター。石神井Int’lオーケストラ、クニトInt’lユースオーケストラ講師。

P1100876

当オーケストラとの共演の様子

(第2回定期演奏会 ”サラサーテ作曲西谷国登編曲 チゴイネルワイゼン弦楽合奏版”を独奏)


ヴィオラ講師・手塚貴子

ヴァイオリンを故・近衛英子、ヴィオラを中山良夫、菅沼準二、ウルリッヒ・フリッツェの各氏に師事。

2009年にリサイタルを開催、好評を博す。

現在、東京フィルハーモニー交響楽団団員。上智大学外国語学部卒業。

 

 


ヴァイオリン&ヴィオラ講師・安藤梨乃
4T6A8665

埼玉県出身。4歳よりヴァイオリンをはじめ、これ迄に嶋田慶子、和田和子、出口理佳子、北野光雄、大谷康子の各氏に師事。

埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科卒業。埼玉県より芸術部門で入学時より大学4年間奨学金を授与される。

在学中学内オーケストラにて、コンサート・ミストレス(コンサートマスター)を務め、大宮光陵高校創立25周年オーケストラに参加したり、第34回全国高等学校総合文化祭出場したりしている。また、学内オーディション合格者による定期演奏会ソロの部に出演し、好評を得る。高校を卒業時に埼玉県知事賞を受賞。

高校卒業後、東京音楽大学に進学し、大谷康子氏(東京音楽大学教授・現東京交響楽団・コンサートミストレス)に師事している。

また、第6回全日本芸術コンクール第2位。第8回日本管弦打楽器ソロコンテスト金賞。第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第26回 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 弦楽器部門 第5位。等、輝かしい実績を持ち、期待の若手ヴァイオリニストとして活躍中。

その他、パオラ・トゥメオ マスタークラスレッスン、景山誠司公開レッスン受講。

石神井Int’lオーケストラ、クニトInt’lユースオーケストラ講師・ソリストを務め、後進の指導も行っている。

 

当オーケストラとの共演の様子。P1110353 のコピー

(第3回定期演奏会”モーツァルト作曲ヴァイオリン協奏曲第4番を独奏”)


クニトオケ附属ソルフェージュクラス

主任講師 梶谷有美

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。蒲田音楽学園 講師

クニトInt’lユースオーケストラ附属ソルフェージュクラス主任講師。

講師 柴宮智子

上野学園大学 ピアノ科卒業。

クニトInt’lユースオーケストラ附属ソルフェージュクラス講師。

コメントは受け付けていません。